こんにちは。

先日、大学コンソーシアム富山主催「合同企業訪問事業」に

弊社も参加させていただく機会がありました。

コロナ禍であったため、検温の実施や定期的な換気をしつつ…、

前半に会社説明を行い、

後半はちょっとした業界クイズと、段ボールを使った簡単なワークショップ、

そして意見交流会という流れで無事終了いたしました!

 

個人的には一斉にクイズ棒で回答する場面が見ていて楽しかったです。(笑)

なんとクイズで全問正解された方がいらっしゃいました…!!!

ワークショップの様子。 ちなみにクイズ棒も段ボールで出来ているんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現在、弊社では若手社員を筆頭にインターンシップを開催しています🌸

Web参加のみのご案内になりますが、Web上でも

業務疑似体験ができるようなプログラムになってます。

10月、11月も開催予定ですので、

少しでも興味が湧いた方は是非ご参加をお待ちしておりますー!!

今回は品質保証グループのことを紹介します。

品質保証部は医薬品ユーザー様等の段ボール箱を全数検品し、
切込み不良、印刷不良、色抜け不良、接合不良等の
様々な不良を女性6人で検査しています。
最終工程として同じ基準で作業にあたり生体異物が
混入しないよう帽子と手袋の徹底を行っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1日平均6000枚の検品に
集中する作業のため1時間に1回休憩をとり
目を休め仕事に集中できる体制になっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最終的に検品において集まった不良データーを
各工程にフィードバックすることで品質の向上につなげています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その他に罫線深さ測定器や破裂試験機など様々な試験を
行いデーターを取りお客様に安心、安全の商品を
お届しております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

品質保証部はみんな仲良く
家族のような関係性で
とても仕事がやりやすい環境だなと思いました。

今回は仕上げ工程のことを紹介したいと思います。
まず最初にカートンマスターについて

カートンマスターでは印刷された平板のシートを
木型で箱の形に抜いて品物を次工程で落丁(抜きカス)
を落とします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

抜き終わった品物をオペレーター2人で検査し
パレットに積み込みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次はサック工程について
サックは糊張り、検査、箱積めを行う工程です。
e段の抜き終わった製品を1枚ずつ機械に流します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

流れている間に接合部に糊をつけて
糊付け後フォールディングを行い
圧着ベルトにて糊付けを安定させます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に3人で検査を行い箱詰め行います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕上げ工程は女性も多く在籍しており
職場環境もとても明るく、楽しそうな印象でした。

次回は品質保証部を紹介します。

2020年8月24日

じわじわ。

サクラパックスと富山大学付属病院の若杉准教授と共同開発した

飛沫飛散防止カバー『Safety Cube』

色々なメディアに取り上げて頂いています。

何気に注目を浴びています。

 

 

 

 

 

 

北日本新聞 2020/07/31

 

富山県への贈呈式

 

 

 

 

 

 

 

 

北日本新聞 2020/08/08

富山新聞 2020/08/08

 

 

 

 

 

 

NHK NEWS 2020/08/19

https://www3.nhk.or.jp/lnews/toyama/20200819/3060005245.html

他にも色々なところから取材の問い合わせがじわじわ来てます。

商品のお問い合わせもじわじわ来てます。

9月より一般発売開始予定!

ご購入、お問い合わせは下記ショップからじわじわお願い致します。

http://sakurapaxx.shop25.makeshop.jp/

こんにちわ。

お盆も明けて、連日猛暑が続いています。

外出時も家の中でも熱中症には気をつけたいですね。

今年はさらにコロナ対策も必要です。。。大変な時期になりました。

変わらず、手洗いうがいとマスクを中心とした対策を心がけます。

 

先週12日に呉羽梨選果場様で初選果となりました!

待ちに待った方も多くおられると思います。

皆さんは今年の梨は食べましたか?是非美味しい呉羽梨を食べてください!

自分は早速頂きました。美味しかったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サクラパックスの段ボールケースも全国各地に行きます!

 

 

 

 

 

 

こどもむけアップサイクルのプロジェクト、「段ボールであそぼ」のinstagramのご紹介。
https://www.instagram.com/asobo.sakurapaxx/?hl=ja
@asobo.sakurapaxx
ご家庭で遊んでみた、#段ボールであそぼ の投稿も大歓迎です!

 

本日は、年に2回発刊している社内報についてご紹介させていただきます。

サクラパックスでは、若手を中心にメンバーを編成し、社員のコミュニケーションを目的とした社内報を製作しております。

 

コロナウイルス等の影響により発刊が遅れましたが、第79号が発刊となりました。

 

今回は、社員の方々の写真の特集や、ニュースでも取り上げていただいた「ダンウォール」の記事など、どなたがお読みになっても楽しんでいただける内容となっております。

 

全事業所に配置しておりますので、サクラパックスにお越しの際は、ぜひご自由にお持ち帰りいただき、読んでみていただけると嬉しいです!

 

2020年8月7日

富山県庁で贈呈式

新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、

サクラパックスと富山大学付属病院の若杉先生と共同開発した

飛沫飛散防止カバー『Safety Cube』を富山県へ300セット寄贈しました。

8月7日(金)に富山県庁厚生部で贈呈式が行われ、

富山県を通じ、県内21の指定医療機関へ無償提供されます。

医療崩壊を防ぐには、医療従事者様を守ることが重要になります。

防護服やフェイスシールドは飛散した飛沫から身を守る物ですが、

『Safety Cube』は飛沫の飛散を抑止する商品です。

併用することによってより感染リスク軽減できます。

サクラパックスが直接、命を救うことはできませんが、

我々ができることで医療崩壊を防ぐ等、社会に貢献してゆきたいと思います。

今後も世の中で困っている方のお手伝いが

できるような商品を企画、開発してゆきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016年4月に襲った熊本地震、それから4年と4か月

サクラパックスでは、「熊本城復興支援」を継続しております。

また、7月3日に九州を襲った豪雨災害を受けて、熊本城復興支援を

期間限定ではありますが、「九州豪雨災害支援」にで当てて活動しております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

熊本地震や九州豪雨災害を風化させないために、といったコンセプトを持っている

私共の活動にすこしでもご支援いただけたらと思います。

こんにちわ。

梅雨の真最中、気温がそこまで暑くないのがせめてです。

 

これから梅雨、台風と水害をはじめ様々な災害の可能性が考えられる時期となります。

毎年日本各地様々な被害が出ており、もはや他人事ではなくなりました。

サクラパックス本社のある富山県もいつ災害が起きてもおかしくありません。

 

サクラパックスは富山県内の一部市町村と防災協定を結ばさせて頂いております。

コロナ影響のある中、全国的にも避難所を開設した時、コロナにも気をつけて避難所設置

をしなければならなく、各自治体は準備や訓練に対応を追われております。

 

そんな中先日富山県が開催したコロナ影響の中での避難所設置訓練にサクラパックスも

ダンボールベッドと避難所用パーテーションの提供と参加をしてきました。

 

 

 

 

 

 

今までの避難所は世帯間、個人間はなるべく詰めて1人でも多く避難できるように

設置していましたが、コロナ対策として世帯間も個人間も一定の距離をおくこと、

パーテーションの高さも160㎝ほどの高さにして口から出る飛沫をブロックする

ことになっております。

 

衛生面や受け入れることができる人数と問題は山積みですが、

サクラパックスが本業の段ボールを使いお手伝いできることは

出来る限り全力でご協力していきたいと思います。

 

 

 

 

 

こどもむけアップサイクルのプロジェクト、「段ボールであそぼ」のinstagramのご紹介。
https://www.instagram.com/asobo.sakurapaxx/?hl=ja
@asobo.sakurapaxx
ご家庭で遊んでみた、#段ボールであそぼ の投稿も大歓迎です!

 

 

おこんにちはOKNです (おひさしぶりです)

包装開発部では 今年も日本パッケージングコンテストへ挑戦するため

着々と準備を 推し進めてまいりました☆彡

※これはイメージです

ちなみに… 日本パッケージングコンテストとは

包装におけるデザインからロジスティクスに至るまで

その年の 包装の最高峰と優秀群 を決定する すごいコンテストなの です!

エントリーのため できるだけの事をやり終え… 今はとっても清々しい気持ちです

今年も 良い賞が 獲れますように ☆彡 人(uωu )

 

↓☆当社が過去に受賞した記録をご紹介します☆↓ ※パッケージングコンテストのみです

2018 輸送包装部門賞 受賞 『高さを自由に可変できるプラ段通箱』

2017  JAPAN STAR 日本貿易振興機構(ジェトロ)理事長賞『立山ぐい呑みギフトパッケージ』

※※※※アジア包装連盟(APF)アジアスターコンテスト アジアスター賞受賞

2016 ロジスティクス賞『バイク外装パーツ用フタ一体型仕切』

2015 輸送包装部門賞『開封しやすく解体しやすいラップアラウンド包装箱』

2014 工業包装部門賞『吊り下げ型塗装部品輸送箱』

2012  電気・機器包装部門賞『多品種/サイズのモニターに対応した梱包箱』

2010 電気・機器包装部門賞『組仕切の形状変更による積載効率の改善』

 

ありがとうございました~