こんにちわ。

梅雨の真最中、気温がそこまで暑くないのがせめてです。

 

これから梅雨、台風と水害をはじめ様々な災害の可能性が考えられる時期となります。

毎年日本各地様々な被害が出ており、もはや他人事ではなくなりました。

サクラパックス本社のある富山県もいつ災害が起きてもおかしくありません。

 

サクラパックスは富山県内の一部市町村と防災協定を結ばさせて頂いております。

コロナ影響のある中、全国的にも避難所を開設した時、コロナにも気をつけて避難所設置

をしなければならなく、各自治体は準備や訓練に対応を追われております。

 

そんな中先日富山県が開催したコロナ影響の中での避難所設置訓練にサクラパックスも

ダンボールベッドと避難所用パーテーションの提供と参加をしてきました。

 

 

 

 

 

 

今までの避難所は世帯間、個人間はなるべく詰めて1人でも多く避難できるように

設置していましたが、コロナ対策として世帯間も個人間も一定の距離をおくこと、

パーテーションの高さも160㎝ほどの高さにして口から出る飛沫をブロックする

ことになっております。

 

衛生面や受け入れることができる人数と問題は山積みですが、

サクラパックスが本業の段ボールを使いお手伝いできることは

出来る限り全力でご協力していきたいと思います。

 

 

 

 

 

こどもむけアップサイクルのプロジェクト、「段ボールであそぼ」のinstagramのご紹介。
https://www.instagram.com/asobo.sakurapaxx/?hl=ja
@asobo.sakurapaxx
ご家庭で遊んでみた、#段ボールであそぼ の投稿も大歓迎です!

 

 

おこんにちはOKNです (おひさしぶりです)

包装開発部では 今年も日本パッケージングコンテストへ挑戦するため

着々と準備を 推し進めてまいりました☆彡

※これはイメージです

ちなみに… 日本パッケージングコンテストとは

包装におけるデザインからロジスティクスに至るまで

その年の 包装の最高峰と優秀群 を決定する すごいコンテストなの です!

エントリーのため できるだけの事をやり終え… 今はとっても清々しい気持ちです

今年も 良い賞が 獲れますように ☆彡 人(uωu )

 

↓☆当社が過去に受賞した記録をご紹介します☆↓ ※パッケージングコンテストのみです

2018 輸送包装部門賞 受賞 『高さを自由に可変できるプラ段通箱』

2017  JAPAN STAR 日本貿易振興機構(ジェトロ)理事長賞『立山ぐい呑みギフトパッケージ』

※※※※アジア包装連盟(APF)アジアスターコンテスト アジアスター賞受賞

2016 ロジスティクス賞『バイク外装パーツ用フタ一体型仕切』

2015 輸送包装部門賞『開封しやすく解体しやすいラップアラウンド包装箱』

2014 工業包装部門賞『吊り下げ型塗装部品輸送箱』

2012  電気・機器包装部門賞『多品種/サイズのモニターに対応した梱包箱』

2010 電気・機器包装部門賞『組仕切の形状変更による積載効率の改善』

 

ありがとうございました~

 

こんにちは。初投稿のSIMMYです!

 

みなさんこれまでに資格を取得したことはありますか?

簿記検定だったり英語検定だったり、世の中にはいろんな資格がありますよね。

実は私たちの属する包装業界にも「包装管理士」という資格が存在します!

今日は包装管理士という資格をご紹介していきたいと思います。

 

こちらの資格は、毎年約300名もの包装人が受講する大変由緒ある資格です。

資格取得には様々な講義を受けた後、複数の試験に合格しなければなりません。

実施される講義で学ぶ内容は大きく以下の3つに分けられます。

 

①包装の役割や基礎知識について

②包装するための材料や容器について

③輸送方法について

 

講義を受講後、筆記・面接試験を合格すると、晴れて包装管理士の資格を取得できます。

この資格を取得したということは、、、

いわば包装・梱包のスペシャリストです!!

 

今年はそんな素晴らしい資格を私が受講させていただくことになりました!

例年ですとこの講座は、東京や名古屋などの各会場で行われていました。

しかしながら、今年はコロナウイルスの影響もありオンライン講義にて行われています。

オンライン講義は初めてなので、受講している側からしてもとても新鮮な気分です!

(写真は在宅にてオンライン講義を受けているときの様子です。)

 

 

 

 

 

包装に関わる者として、より成長できるよう引き続き頑張っていきたいと思います!

みなさんも是非、様々なことにチャンレンジしていってほしいなと思います。

 

では、次回もお楽しみに!!

 

 

 

 

 

 

 

こどもむけアップサイクルのプロジェクト、「段ボールであそぼ」のinstagramのご紹介。
https://www.instagram.com/asobo.sakurapaxx/?hl=ja
@asobo.sakurapaxx
ご家庭で遊んでみた、#段ボールであそぼ の投稿も大歓迎です!

今月から月に1回、段ボールができるまでの工程を順にアップしていきたいと思います。今回は段ボールができる最初の工程、製板グループ(貼合)の部署をまとめてみました。
まず初めに段ボールの種類から説明します。

弊社で生産している種類は全部で5種類あります。
両面段ボール
A段(段の厚み:約5mm)
B段(段の厚み;約3mm)
E段(段の厚み:約1.2mm)
複両面段ボール
AB段(段の厚み:約8mm)
AA段(段の厚み;約10mm)

次に各機械の役割を紹介します。

 

★60G(シングルフェーサー)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

裏ライナーと中芯(段になった紙)を貼り合わせて片面段ボールを作ります。

段ロールを変えてA段、B段、E段の3種類の段ボールを作ることができます。

 

★WF(ダブルフェーサー)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

片面段ボールと表ライナーを張り合わせて段ボールができます。

水シャワーや糊量によってお客様の求める反りの無い段ボールを目指しています。

片面段ボールを2つ張り合わせることでAB段AA段の段ボールも作ることができます。

 

★スリスコ、カッター(罫線、幅カット、流れカット)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

各製品にあった幅や罫線を入れる工程です。

最大で幅200mm最大罫線12本を入れることができます。

1日平均オーダー800点くらいを生産しています。

 

★スタッカー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

貼合が完了した段ボールをベニアに積み替えて次工程に送っていきます。
色々な不良品を厳しく監視し不良品次工程、お客様に流さないように気を付けて生産しております。

次回は製函印刷グループのことをアップします。


 

 

 

 

 

こどもむけアップサイクルのプロジェクト、「段ボールであそぼ」のinstagramのご紹介。
https://www.instagram.com/asobo.sakurapaxx/?hl=ja
@asobo.sakurapaxx
ご家庭で遊んでみた、#段ボールであそぼ の投稿も大歓迎です!

こんにちわ

夏に向けて梅雨がくると思ったらその前に夏日が来てしまいました。

毎日がとても暑いですね。そんな中のマスク着用。皆さん熱中症には

気をつけましょう。本当に色んなことに気をつけなければならない時代ですね。

 

新型コロナウイルスに対しての緊急事態宣言が解除されました。

学校も徐々にはじまっていますが、全国的にみれば早速クラスターが発生したり、

感染者が増えていますね。解除されても感染力は弱りません。

 

自分たちの生活も一時的な予防ではなく、「共存」していかなければ

今はならないです。特効薬もワクチンもありませんので。。

 

当社サクラパックスでも引き続きコロナウイルスに対しての対策は

様々行っております。本日はその一例を。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真は若手社員の研修の様子です。

部屋のスペースをフルに使い、人と人を2m離して席を配置しています。

もちろん社内でオンライン通話などのツールも活用、

お客様へもご要望があれば対応しております。

 

それでもやっぱり面と向かって話したい。

これが当たり前に戻る日を今は願うばかりです。

『私の仕事紹介します!~その6 第二工場プラダン加工室~』

本日は第二工場プラダン加工室の仕事を紹介します!!

プラダン加工室では、様々な機械を使って材料を加工し、製品を完成させます。

 

今回は「熱罫線機」をご紹介します。

熱罫線機という機械は、高い熱を加えた刃をあてることによって

プラダンを曲げやすくする機械です。
  

▲熱罫線

◀L字固定

 

▼すべての加工を終え、「Fコン」と呼ばれる箱になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シートの素材や厚みによって調整が変わる、難しい加工ですが

慣れるとこんなに綺麗な箱が作れるようになります。

 

では、次回もお楽しみに。

 

 

-----------------------------------








こどもむけアップサイクルのプロジェクト、「段ボールであそぼ」のinstagramのご紹介。
https://www.instagram.com/asobo.sakurapaxx/?hl=ja
@asobo.sakurapaxx
ご家庭で遊んでみた、#段ボールであそぼ の投稿も大歓迎です!

				

徒然に・・令和2年の半年間は「新型コロナ」という目に見えない鬼と戦う日々だったと振り返る。

この戦いの背景には医療従事者や関係する大勢の方々の絶えまぬ努力があると聞いている。

「聞いている」というと他人事のように冷たい人間だと思われがちだが、

世界の裏側の戦争が見られるこの時世に小生はその現場をTVかインターネットでしか把握していない。

いや、他に把握する術がないといった方が賢明だろう。それ程この目に見えない鬼は人間社会において危惧すべき厄介ものである。

 

先日から、当社サクラパックスは「医療従事者のみなさん、ありがとう」とメッセージを貼り付けた

トラックを期間限定で走らせている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Photo by m-suzuki

 

結構目立つのである。どうしても伝えたいという会社の強い気持ちである。

見知らぬ医療従事者とその関係者の方々に面と向かえないこの時期に「ありがとう」の言葉は伝わらないが、

「ありがとう」の気持ちは伝えようという粋な計らいである。

努めていい会社だ、と思える瞬間である。

————————————————————————————————————————————–









こどもむけアップサイクルのプロジェクト、「段ボールであそぼ」のinstagramのご紹介。
https://www.instagram.com/asobo.sakurapaxx/?hl=ja
@asobo.sakurapaxx
ご家庭で遊んでみた、#段ボールであそぼ の投稿も大歓迎です!

 

本日は富山本部営業部第1営業グループの仕事を紹介します!
現在、営業部営業グループでは新型コロナ感染拡大に伴い、
在宅、テレワークを積極活用して業務にあたっています。
世間ではこれまであまり意識をしていなかったテレワークを急ピッチで導入したことにより、
環境が上手く整わないまま手探りで行う事を余儀なくされている会社や組織を目にしますが、
サクラパックスの営業部は以前からテレワークについてテストや話し合いを行ってきたこともあり、
場所や環境にとらわれない、フレキシブルな業務を行う事が出来ています。
また、お客様への訪問も限られている中で皆で意見や知恵を出し合い、
工夫して営業活動を行う事で、逆境にも負けない組織・仕組みづくりに努めています。
常に、変化が求められる社会でグループ一丸となって考え、切磋琢磨していく
営業グループの一員であることを誇りに思っています!
これからも、お客様から1番に求められる存在になれるよう皆で頑張っていきたいと思います。

-----------------------------------








こどもむけアップサイクルのプロジェクト、「段ボールであそぼ」のinstagramのご紹介。
https://www.instagram.com/asobo.sakurapaxx/?hl=ja
@asobo.sakurapaxx
ご家庭で遊んでみた、#段ボールであそぼ の投稿も大歓迎です!

 

 

 

 

ト ップページに掲載しておりますが、「段ボールであそぼ」企画がスタートいたしました。

この企画の設計・製作は、本年度に入社した新入社員の2名が大活躍!

段ボールの日本刀、ごむ銃、空気砲、ストラックアウト!などなど

創作意欲旺盛な2人は、短期間でどんどん形にしてくれました。

 

 

 

 

 

完成品はこちら→ http://www.playcardboard.jp/

今後もアイテムを増やしていく予定ですので、ぜひお楽しみください。

「段ボールであそぼ」は作り方をご紹介しているので、アレンジを加えて楽しんでもらえるとうれしいです。

作ったら、 KNBさんが企画している #いまこそ家で挑む へ投稿しましょう!

https://www.knb.ne.jp/fighter_cm/

動画や写真に「#いまこそ家で挑む」をつけてインスタグラムやツイッターに投稿するそうです。

私もチャレンジしてみます!

本日は富山本部製函仕上げグループの仕事を紹介します!!

製函仕上げグループは、抜き工程と貼り工程があります。

私はサックマシーンという機械で、貼り工程の作業を行っています。

4名のチームで生産を行っていて、検品や箱詰めが主な作業になります。

日々の生産量を自分たちで目標を立てて行うことでやりがいを感じ、

達成した時には喜びを感じられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私がサクラパックスに入社して良かったと思う事は、

よい仲間と出会えたことです。

仕事で悩んだ時には親身に相談に乗って

良いアドバイスをくださる先輩方がたくさんいます。

これからもたくさんの仲間たちと切磋琢磨し、

お客様に安心していただける製品を作っていきたいです。