2018年4月2日

サクラ

こんにちは。タケです。
桜も綺麗に咲き始めました。
サクラって本当に綺麗ですね。

先日、会社の方針発表会があり、
富山の桜の名所の松川沿いへ行く機会が
ちょうどありました。

新入社員とも顔合わせしまして、
ますます春を感じました。

今期はどんな一年になるのかなと思いました。

では。

2018年3月28日

プラダン通箱

Mです。

先週3月21日はみぞれ交じりの寒い日だったのに、今日は20℃を

超えるぽかぽか陽気。三寒四温。もうすぐ春本番。東京の桜も満開です。

 

さて、年度末もあってかプラダン通箱のお問合せが多かったように思います。

モニターやパソコン、精密機器を入れる箱を作りたい!綺麗に収納したい!

 

プラ段通箱は段ボールと違って長持ちなのが特徴。1回作ると買い替えは

まずありません。お客様皆さん大事に使って頂けてるようです。段ボールだと箱が

傷んでくると片付けるのも大変になってついつい適当になりがちですが

プラダン通箱はいつでもキッチリ収納できるのも嬉しい利点です。

一度上手く収納できると他の製品でも試されるリピートのお客様が多数いらっしゃいます。

 

新年度を間近に控えて会社、工場をもっと綺麗に片付けたいとお考えの方が

いらっしゃったら一度プラダンで専用の箱を製作してみたらいかがですか。

そうだ!それだ!と思ったらお近くのサクラパックスまでお問合せ下さい。

2018年3月27日

新生活の季節

暖かくなってまいりましたね、お久しぶりです。開発のムラモトです。

最近は、イベント用の段ボール新幹線(中に人が入れます!)をつくるお仕事をしていました。

イベント会場は関東です。作った荷物を配送しようと運送会社様に相談をしていたところ、この時期はとっても忙しいのだというお話をお聞きしたそうです。そういえば新生活の時期ですね。

たくさんの段ボール箱が、大事な荷物たちをつつんで、新しい生活の場へと送り届けられている時期なんですね。たくさんの新生活のはじまりを思うと、なんだかとってもわくわくしました。

2018年3月23日

おりたたみ

こんにちは、さんちゃんです。

最近、折りたたみに関する需要が増えているように感じます。

そこで、今回は折りたたみの仕切をご紹介いたします。

通常のミカン箱形式の箱に入れてお使いいただけるよう設計したものになります。

以下のように折りたたみ、平らな状態で保管することができます。

気になることなどございましたら、ご気軽にご相談ください。

 

2018年3月14日

インフルエンザ

トレーディングGの野球小僧です。

インフルエンザB型になりまして・・・

3/5~3/9まで休んでおりました。いやぁ~辛かった( 一一)

なかなか熱が下がらず、微熱続きでした。

3/12から何とか復帰致しました。皆様も注意してくださいね。

インフルエンザの後は花粉で悩まされそうです(+_+)

弊社は今月が決算月です。悔いのないように締めくくりましょう!

おこんにちは!OKNです☆

(@ω@)あっ!!!

当社HPの採用情報がフレッシュになっております!

(画像をクリックするとそのページが表示されます)

(おお! ´▽`)ノ

(ふむー  ^ω^)」

これはリクルートの為のページですが

普段一緒にお仕事させてもらっている仲間が

どんなことにやりがいや喜びをもっているのか分かって

気が引き締まる思いでした

 

有難う御座いました!

2018年3月9日

インフルエンザB型

MOTORです。

 

インフルエンザB型にかかりました。

 

暫くお休みします・・・

 

 

2018年3月5日

試行錯誤

こんにちは。タケです。

只今、プラ段の通い箱の設計をすすめている途中です。
段ボールで仮サンプルを試作しました。

平面図面だけではわかりにくいので、
仮試作をさせて頂く事もありますが、
お客様に実際見て頂いたり、
私自身、作って初めて発見する事もあります。

別案件ですが、ボツになった箱の一部を思い出に。
(詳細は秘密)

作業性がいい、
別の提案で進むことになって良かったのですが、
私個人としては、この箱…
結構気に入っていたので、
ここにアップして供養。

よりよい設計が出せますように。

では。

2018年3月4日

71期スタート

営業部 竹 です

 

新生活がスタートするこの4月

私たちサクラパックスも新しい期を迎えました

 

さくらの開花も今年は早かったですね

方針発表会もあり、サクラパックスの71期がスタートしました

 

トータルパッケージメーカーとして

今年度もいろんなことにチャレンジする1年にしたいと思います

 

おひさしぶりです。ムラモトです。

今日は電気機器の緩衝材設計のお仕事をしていました。

設計の際特に注意することは、その機械の一番壊れやすいデリケートな部分はどこか、ということです。

依頼を受けて設計していく中で、沢山の製品との出会いがあり、製品たちが安全にお客様のもとに運ばれていくにはどうしたらいいか、

この製品はどういったものなのか、と考える機会をいただきます。

包装設計に携わらなかったら目にする機会もなかったような製品に出会えることもあります。自分の世界が広がったように感じられます。ちょっと楽しいです。