2020年2月10日

サクライズムの会

こんにちは。
突然ですが、サクラパックスには「サクライズムの会」という行事があります。

一つのテーマに沿ってブレストミーティングを行うのです。

本日は、先日行われた包装開発のサクライズムの会をご紹介したいと思います。

 

今回のテーマは「地味な努力を積み重ねる」
どうしたらお客様のために素敵な設計ができるだろうか。
どうしたらみんなが働きやすくなるだろうか。

 

日々、様々な試行錯誤を重ねて設計をしております。

まさに包装開発らしいテーマでした。

普段聞けないようなそれぞれの思いをみんなで考えるきっかけになりました。

 

 

 

前半はまじめに、

後半はおいしいお肉を頂きながら、たくさんの意見を出し合いました。

ありがとうございました。

2020年1月23日

ねずみのコースター

突然ですが、2019年11月28日にアップされた

物流事業G 加工工場 内覧会 終了!

の記事をご覧いただきましたでしょうか。

そこに、ノベルティーである「強化段ボールで作った猫ちゃんのスマホ立て」の写真が載っているのですが

実はもうひとつ、ノベルティーの案がありました。

 

それがこちらの「ねずみのコースター」です。

 

 

 

 

 

 

 

今年の干支がねずみなので、こちらを提案してみたのですが・・

残念ながら採用にはなりませんでした。

 

試作したものが今も包装開発の机の上におり、

コースターとして日々頑張っています。

 

 

 

 

 

 

 

包装開発室にあるサンプルカッターでは

こんなものも切れちゃうのです。すごいですね。

改めまして新年明けましておめでとうございます。

 

本日は、「防災アップサイクル」についてご紹介させて頂きます。

そもそも防災アップサイクルとは何かというお話から。

防災は読んで字のごとくですが、アップサイクルはなかなかなじみの無い言葉だと思います。

一言でいうと、「不要になったものに芸術的なエッセンスを少し加えて新しい価値を生み出すこと」です。

 

昨年のブログにもありましたが、弊社内では地域社会貢献委員会というものがございます。

防災訓練の参加、地域のお子さんたち向けにダンボールの役割の体験、被災地へのボランティアを行っております。

 

新しい活動として今回「防災アップサイクル」というイベントを昨年末に行いました。

このイベントはもし自分たちが災害により被災し、避難生活を行うことになった時、

ベッドも机も、棚も、椅子も生活するためのものが無い状況で、あるのは使い終わったダンボールのみで

何を作れば役に立つかを小学生のみなさんに考え、実際に作って頂くイベントです。

今回は富山市の小学校様にご協力頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさん思い思いで必要になりそうなものを作成してくれました。

 

災害の経験が運良く少ないこの富山県で少しでも体験してほしく、

いつ起きてもおかしくない状況の中、今後もこのような取り組みをしていこうと思います。

 

 

 

 

新年のお喜びを申し上げます。

本年もサクラパックス「開発Blogn」

ご愛顧のほど宜しくお願いいたします。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

本日は、包装開発Gメンバー2名で

あいち産業科学技術総合センターに来ております。

 

 

 

 

 

 

 

目的は、大型輸送梱包の試験を実施するためです。

 

 

 

 

 

 

 

昨日から恒温恒湿槽に入れて高温多湿状態で24時間

蒸し風呂に入った段ボールは、しっとりとした状態です。

 

 

 

 

 

 

 

しっとりした梱包をそのまま振動試験機に乗せて

3方向各90分のランダムな振動を加えていきます。

振動試験を終えると、さらに落下試験が待ち受けています。

私たちはこのような過酷な試験からも商品を守りながら

組み立てやすく、費用を抑えた包装設計を目指しております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サクラパックス富山製板グループ金田 潤です。

今日は私の仕事を紹介します。

製板グループは波形の段(中芯)の両側に、比較的厚い紙(ライナー)を貼り合わせて

段ボールのシート(板)を作っています。

製板グループでの私の担当はカッター前というところです。

主に段ボールになったばかりのシート(板)をチェックし、

後工程、お客様が使いやすい段ボールになるよう反りの対応を行っています。

段ボールには様々な大きさ、重さ、色があり、

その都度反り対応を行わないといけないので、とても大変ですが

後工程やお客様から使いやすい段ボールだったという話を聞いた時頑張ってよかったと、

この仕事にやりがいを感じます。

製板グループのメンバーは14人で先輩方は頼りになり同世代は楽しい人ばかりで

仕事に行くのが毎日とても楽しみです。

1日でも早く先輩方と肩を並べれるように日々頑張ってます!

余談ですが、

休日はサクラパックスの野球部とバスケ同好会に所属しています。

バスケは石川工場の人たちと試合をしたりしています。

野球は初心者なのですが色々な部署の人たちと楽しくやっているので

毎日がとても充実しています!

 

 

本日は、年に2回発刊している社内報についてご紹介させていただきます。

サクラパックスでは、若手を中心にメンバーを編成し、社員のコミュニケーションを目的とした社内報を製作しております。

 

本日12月20日に、第78号が発刊となりました。

 

今回は、社員の慰安旅行の様子や、社内報のメンバーでタピオカを手作りした記事など、

社員以外の方がお読みになっても楽しんでいただける内容となっております。

 

全事業所に配置しておりますので、サクラパックスにお越しの際は、ぜひお手に取ってご覧ください!

 

2019.12.5

地域社会貢献委員会の活動で長野県の千曲川決壊による水害被害のボランティア活動に参加してきました。

 

発生から約2か月。

写真のようにまだまだ復興には時間がかかります。

 

電柱

がれき

家屋

ガードレール

 

実際に現地に赴き、活動することで、得られる知見が多くありました。

また、ニュース等のマスメディアにて聞いている情報との大きなギャップを感じました。

 

この活動の体験を、今後の活動にも活かしたいと思います。

2019.11.30~12.1 1泊2日で慰安旅行に行ってきました!

石川事業所・新潟事業所は先に開催しており、今回は富山・タカオカグループが

石川にある超有名旅館を満喫してきました。

以下、当時の雰囲気を少しご紹介します!

 

社長の挨拶シーン 乾杯の後は宴会の始まりです!

 

大部屋に社員がズラリ…今か今かと思いながら社長の話を聞いています

 

この時期美味しい海鮮! 真っ先に目に入ったのはやはりカニでした!!

ひたすらに料理や温泉を満喫し…、そしてあっという間に朝…

 

朝のお部屋から見た景色

二日間とも天候に恵まれ、中々接点のない方とも話す機会ができて

とても良い旅でした!

今年も余すところ残り僅かとなりましたが、いい思い出のまま来年を迎えられるよう

もう一息頑張りたいものです。

前の記事にもありました、弊社物流事業G加工工場内覧会が、

11月26日~27日開催し多くのお客様にご来場頂きました。ありがとうございました。

 

※これは強化段ボールで作ったスマホ立てです。

来場されたお客様からは「来てよかった!」と言って頂けたお客様も多く、

とても有意義な内覧会になりました。

今後もサクラパックスはお客様のニーズにお応えすべく様々なご提案をさせて頂きます。

11月26日(火)~27日(水)に物流事業G内覧会を開催します。

当日は、展示物として重量物・パレット一体梱包・強化段ボール・

プラ段ケース・パッケージコンテスト受賞作品等など、さまざまな

製品事例をご紹介いたしますので、是非ご来場ください。